ボードゲーム一人プレイ

積んだり眺めたり遊んだりしているボードゲームの記録

ドミニオン

子供が小学校に上がる前、そろそろ本格的なゲームにも挑戦してみようと思い、カードゲーム『ドミニオン』をやってみる事にしました。それからぼちぼち1年ほど経ちますが、気に入ってくれたようで今でも時々遊んでいます。


f:id:nakiwo:20140117213538j:plain

ドミニオンは2009年のドイツ年間ゲーム大賞を受賞したカードゲームで、いまだ人気の衰えない大ヒット作。プレイヤーはそれぞれデッキと呼ばれるカードの山を持ち、多くの勝利点を集める事を目指して戦います。

箱を開けると500枚のカード。
f:id:nakiwo:20140117212809j:plain

王国カード、と呼ばれるカードが25種類(それぞれ10枚ずつ)。1ゲームに使うのはこのうち10種類だけ。選ぶカードの組み合わせでゲームに変化が生まれます。
f:id:nakiwo:20140117212706j:plain

カードの左下に書かれているのはカードの値段。必要なお金を支払う事でカードをゲットします。
f:id:nakiwo:20140117213131j:plain

財宝カード(お金)と勝利点カード。ゲームに勝つにはお金を増やして勝利点を買わなければなりません。お金カードもお金で買います。
f:id:nakiwo:20140117212851j:plain

基本ルールが簡単なのがこのゲームの特徴。対象年齢は8歳以上となっていますが、もう少し小さい子でもなんとかなりそうです。

ゲーム準備

  • 各プレイヤーは銅貨(1のお金)を7枚。屋敷(1の勝利点)を3枚、計10枚持つ。これをシャッフルして山札(デッキ)とする。
  • 山札から5枚引いて手札にする。

自分の番にする事

  • アクションカード(王国カード)を1枚使う(手札にあれば)。
  • 1回買い物できる。買ったカードは捨て札にする。
  • 残った手札を捨て札にする。
  • 山札から5枚引く。 山札が無くなったら捨て札をシャッフルして山札にする。

アクションカードの効果で買い物回数が増えたり、カードを追加で引けたりと様々な良い事が起こります。手札は最初10枚ですが、買い物をしたカードが捨て札になり、山札になりまた手札に、と循環してどんどんカードが増えていきます。最終的にこの増えた山札の中にある勝利点カードの点数の合計が多い人が勝ちとなります。

『5枚引く・アクションカード・買い物・手札捨てる』、の繰り返し。ルールはこれだけ。

問題はアクションカードの効果が理解できるかどうかです。アクションカードには効果の説明書きがありますが、フリガナも無いのでまず読めません。カードの説明も説明書の補足も分かりにくい文章で、ゲームに慣れていなければ大人でさえ理解は難しいでしょう。子供と遊ぶための第一歩として、まず大人がカードの効果を理解することが肝心です。ネットで調べる等してなんとか効果を把握しましょう。ここが一番の難関かもしれません。メーカーにはもっと分かりやすいルール説明をする努力をして欲しいところですね。

『カードを3枚引く』『いらないカードを捨てて、同じ数だけ引く』『お金カードを1つ高いお金カードと交換できる』等、カードの効果を簡単な言葉で説明し一度使ってみれば大体は理解できるようです。幸い絵が書いてあるので字が読めなくても区別できる。カード名も子供には聞き慣れないものが多いですが、何度か遊んでいるうちに、『みんぺー』『ちかちょぞうこー』と読んでいて、思った以上になんとかなっています。

他に工夫している点は、

  • カードのシャッフルが上手くないので代わりにやってあげる。このゲームは頻繁にカードのシャッフルをする必要があるので、やってあげる方がスムーズに進むでしょう。
  • アクションや買い物の回数、カードの効果で増えたお金の数がわからなくなりがちなので、種類ごとにおはじき等で数を数える。自分の番の初めにアクションと買い物のおはじきを1つずつ。後は進行に合わせて増減させる。数を数えるものは、種類ごとの区別が付けば何でもいいです。うちでは下の写真のような小さい木のキューブを使っています。ちなみにこれはゲームマーケット大阪2013で買った、何にでも使える木製コマセット。

f:id:nakiwo:20140118105458j:plain

始めたての頃は、お金を使って買い物をする所が特に楽しかったようです。お金を増やすと沢山買い物ができて嬉しい、という事に気づいて、最近はお金をどんどん買うようになってきました。アクションカードの中では、相手のお金を奪い取る『泥棒』がお気に入り。直接相手に攻撃する『民兵』も喜んで使っています(相手の手札を3枚に減らす)。相手にマイナス1点の『呪い』カードを押し付ける『魔女』は絶対に使いたく無いといって選ばせてくれません。

最初はとりあえず泥棒でお金を奪えれば勝ち負けはどうでも良い、という感じでした。だんだん勝利点も狙うようになって来たので、負ける事もしばしば(私がかなり弱いだけという話も‥)。

ドミニオンは追加の拡張カードが沢山出ているのも特徴。うちはまだまだ基本セットだけで遊べそうです。

ドミニオン 日本語版

ドミニオン 日本語版

ドミニオン:陰謀 (日本語版)

ドミニオン:陰謀 (日本語版)

ドミニオン:海辺 (日本語版)

ドミニオン:海辺 (日本語版)

ドミニオン:錬金術 (日本語版)

ドミニオン:錬金術 (日本語版)

ドミニオン:繁栄 (日本語版)

ドミニオン:繁栄 (日本語版)

ドミニオン:収穫祭 日本語版

ドミニオン:収穫祭 日本語版

ドミニオン:異郷 日本語版

ドミニオン:異郷 日本語版

ドミニオン基本カードセット

ドミニオン基本カードセット

ドミニオン:暗黒時代 日本語版

ドミニオン:暗黒時代 日本語版

ドミニオン:ギルド日本語版

ドミニオン:ギルド日本語版